<< 「インドに生まれることは稀だが、もっと稀なのは… | Main | 少年の夢 >>
2010.01.07 Thursday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2009.11.19 Thursday author : 経 麻菜(ケイ・アーサナ)

やっぱり…まずは「男子=なんし」なのだ

JUGEMテーマ:つぶやき。


計12回のインド旅で数百人の似顔絵を描きましたが、
圧倒的に多いのは、やはり男性の絵です。
(ここでは、ヤマトコトバの「男子=なんし」という用語を使っています)

まず近づいてくるのが、おじさんやあんちゃん(青年)
そして、子供たち(なんし)…
一番描きたかった「女子=にょし」は、ちらっとしか描けません。

点描

普通は、カメラを向けると撮影料をせがまれますが、

スケッチだと、とても喜んでくれて、
煙草をくれたり、チャイや食事をおごってくれたり、
反対に1ルピーくれたこともありました。


似てないと何度も書き直しさせられるので、
とても良いスケッチの練習になりました。
| インド男子=なんし…のつぶやき | 06:48 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2010.01.07 Thursday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

| - | 06:48 | - | - | pookmark |
COMMENT
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://hitomi-nanshi.jugem.jp/trackback/4
TRACKBACK